年中盤の贈与者の死亡時の相続時清算課税の届出期限
私は今年になってから財産の贈与を受け、その後、贈与者が亡くなりました。この場合に、相続時清算課税制度の適用を受けるのであれば、贈与者の死去に係る相続税の納税地の所轄税務署長が相続時清算課税選択届出書の提出先になるとのことですが、いつまでにこの届出書を提出すればいいですか?

財産の贈与を受けて、その年の中途において贈与者が亡くなった場合において、相続時清算課税制度の適用を受けるときには、次に掲げる日のうちのどちらか早い日の方が、相続時清算課税選択届出書の提出期限であるということになります。
1.贈与者の死去に係る相続税の申告書の提出期限(贈与者について相続の開始があったことを知った日の翌日より10ヶ月が経過する日が通常といえます)
2.贈与税の申告書の提出期限(財産の贈与を受けた年の翌年の3月15日が通常といえます)
 ちなみに、相続時清算課税選択届出書の提出期限が上記1であるならば、贈与者の死去に係る相続税の申告書の提出をするに当たり、相続税の申告書と共に相続時清算課税選択届出書も提出しなければなりません。相続税の申告書を提出しなくてもいいときにも、提出期限内にこの届出書を贈与者の死去に係る相続税の納税地の所轄税務署長に提出することにより、相続時清算課税制度の適用を受けることが可能になるといえます。

 なお、相続時清算課税選択届出書には、添付すべき一定の書類が存在しています。