相続時清算課税はどのようなものでしょうか。

贈与税の課税方法は二つあり、そのうちの一つです。

 贈与税の課税方法に関しては、暦年課税及び相続時清算課税の二つがあります。そして、一定の要件を満たすときにだけ、相続時清算課税を利用することができます。

 相続時精算課税を利用する贈与者ごとに、その1年間(1月1日から12月31日まで)にもらった財産の価額を合計した額から2,500万円の特別控除額を控除した残額に対して、贈与税がかかるとされています(この特別控除額の控除は、贈与税の期限内申告書を提出する場合に限定されます)。
 また、前年以前にこの特別控除の適用を受けた金額が存在するのなら、その年の特別控除限度額は、2,500万円からその金額を差し引いた残額になります。