相続時清算課税を選んだ時の贈与特別控除額の計算
相続時精算課税を利用するときの贈与税の特別控除額は、どのように計算すればいいですか?

相続時清算課税を利用するときの贈与税の特別控除額は、2,500万円(前年以前この特別控除の適用を受けた額が存在するならば、その額の合計額を差し引いた残額)又はそれぞれの贈与者の贈与税の課税価格のうち、どちらか少額の方を、それぞれの贈与者の贈与税の課税価格から差し引いたものとなります。

こうした特別控除額の控除を行うためには、原則として、贈与税の申告書に、特別控除を受ける金額、以前にこの特別控除を受けて差し引いた金額が存在するときはその金額というような必要事項を記載し、期限内にその申告書を提出しなければなりません。

相続時清算課税を利用するときには、それぞれの贈与者に関して、贈与税の課税価格から上記のような特別控除額の控除を行い、その金額に2割の税率を乗じることで、贈与税額を算出することができます。

そして、この贈与税の課税価格は、相続時清算課税の適用を受ける財産と、その贈与者以外の者からの贈与財産を分け、その贈与者からのその年における贈与財産の価額を合計したものです。
暦年課税の適用を受ける場合の基礎控除額110万円は、相続時清算課税の適用を受ける財産に関して、控除することはできません。