相続時精算課税と暦年課税の贈与を同時に受ける時
同一年中に、父から3,200万円を、母から230万円をもらい、父からの贈与については相続時清算課税制度を、母からの贈与については暦年課税制度を選択しました。この場合に贈与税額はいくらになるかを教えてください。

父からもらった財産に係る贈与税額は、次のように計算します。
課税価格=3,200万円
特別控除額=2,500万円(2,500万円<課税価格3,200万円)
贈与税額=700万円×税率2割=140万円(課税価格3,200万円-特別控除額2,500万円=700万円)

 母からもらった財産に係る贈与税額は、次のように計算します。
課税価格:230万円
基礎控除額:110万円
贈与税額:120万円×税率1割=12万円(課税価格230万円-基礎控除額110万円=120万円)
 したがって、納付すべき贈与税額は、次のようになります。
父からもらった財産に係る贈与税額140万円+母からもらった財産に係る贈与税額12万円=152万円

上記のように、相続時清算課税制度の適用を受ける財産に係る贈与税額は、それぞれの贈与者に関し、贈与税の課税価格から特別控除額を差し引いて、その金額に2割の税率を乗じることによって算出します。

この贈与税の課税価格は、その贈与者以外の者からの贈与財産と区別し、その贈与者からのその年における贈与財産の価額を合算したものです。
なお、相続時清算課税適用財産に関して、暦年課税を選択する場合の基礎控除額110万円を控除することは不可能です。

そして、相続時清算課税を選択する場合における特別控除額は、2,500万円(前年以前にこの特別控除の適用により差し引いた金額が存在するときは、その金額の合計額を差し引いた残額)か、各贈与者の贈与税の課税価格のうち、いずれか少額の方です。
ただ、このような特別控除額の控除は、贈与税の申告書に、特別控除の適用を受ける金額や、かつてこの特別控除の適用を受けた金額が存在するときはその額等の必要事項を記し、その申告書を申告期限内に提出した場合にのみ可能であるというのが原則です。