相続時精算課税の課税価の合計が基礎控除額より少額
財産を贈与されて相続時清算課税制度を利用しましたが、その贈与者が死去し、相続税額を計算したところ、課税価格の合計額が基礎控除額より少額となりました。この場合に相続税の申告を行わなければならないか否かを教えてください。

課税価格の合計額が基礎控除額以下となった場合は、相続税の申告を行う必要はないといえますが、相続税の申告が不要である場合にも、相続時清算課税制度による贈与財産について、以前に納付した贈与税額があるときは、相続税の申告を行うことによって還付を受けることが可能です。

 相続時清算課税制度は、贈与税と相続税の一体化を図るものであるといえます。相続時清算課税制度を利用した受贈者は、贈与の際に贈与財産に係る贈与税を納め、贈与者の死去の際にその贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額を合計した額を基にして計算した相続税額から以前に納付した贈与税額を控除します。