相続税の各推定相続人に貸される税額の計算
相続税の計算を行う上で、各々の人の納付税額をどのように計算すればいいかについて教えてください。

第一に、相続、遺贈又は相続時清算課税を適用する贈与により財産を取得した人ごとの課税価格に応じた割り振りをし、各々の人の税額を算出します。つまり、次の計算を行います。
相続税の総額×各々の人の課税価格÷課税価格の合計額=各々の人の税額
 上記算式における各々の人の税額について、必要であればさまざまな税額控除や加算をして、各々の人の納付すべき税額を算出します。ただ、財産の取得をした人が被相続人の配偶者、父母、子供以外の者であれば、税額控除以前の相続税額にその20%の額の加算をします。子供が被相続人の死亡より先に亡くなっているのであれば孫(その子供の子供)について相続税額に加算をする必要はありません。一方、子供が被相続人の死亡より先に亡くなっていない場合の被相続人の養子である孫については、相続税額に加算をする必要があります。さまざまな税額控除や加算は、次のような順序で行うことになります。
相続税額の20%加算
  ↓
暦年課税分の贈与税額控除
  ↓
配偶者の税額軽減

未成年者控除
  ↓
障害者控除
  ↓
相次相続控除
  ↓
外国税額控除(ここまでで赤字の場合は0となります)
  ↓
相続時精算課税分の贈与税額相当額の控除(外国税額控除前の税額)

 上記により算出した各々の人の納付すべき税額が赤字である場合は、次の計算を行い、還付を受けることができる金額を算出します。
赤字となった金額(マイナスを付けません)-相続時清算課税分の贈与税を計算する際に控除した外国税額=還付を受けることができる金額